萩原商会のイロイロ情報局

建機レンタル&販売会社がお届けする有意義・無意義な情報アラカルトです


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業界初!??タッチアップスプレー発売開始☆

  1. 2014/05/19(月) 16:03:58|
  2. サービス関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
何事にもチャレンジしたがるフロント男でございますm(_ _)m
先日のスプレー塗装チャレンジが楽しかったので新たに「挑戦ネタ」としてアップします☆
(プロジェクトX風にお読み下さい)
現在スプレー塗料としては建機部品メーカー様がいすゞ自動車用のスプレー塗料をリリースしている程度であり、UDトラックス(旧日産ディーゼル)の塗料は無かった。
そこでフロント男は互換性のある物を探していたが・・・・簡単には見つからなかった。
車体色のコードを調べてみると、三菱自動車製乗用車コルトやパジェロミニの「フェアリーホワイト」「ソリッドホワイト」が同じコードであると判明し、早速出入りの業者様に打診を行った。
しかし、結果はスプレーとしては発売されていなかった。
絶体絶命に陥った(プロジェクトエーーックス)

しかし「無ければ作ればよい」って事で、細かな指示を出したうえで~~
140519_152749.jpg
こんなん出ました~~(古ッ)

圧力や塗装のノリの良さ共に最高の出来ではないかと思います(^^)v←自画自賛甚だしい

↓では、さっそくこのCA342号車(UDトラックスジャパン製コンドルMK36A)で試してみましょう☆
140519_150337.jpg
↑イィ感じに傷ついてます(-Д-;)
140519_150346.jpg
↑まずは塗りたくない場所を古新聞とマスキングテープでふさぎます☆
140519_152310.jpg
↑タレずに綺麗に仕上げるコツは、傷よりも大きく塗ると良いみたいです♪←独学で根拠はありません
140519_152455.jpg
↑マスキングに約1分、塗装で3分、乾燥に2分でカップラーメン2個作る時間で補修完了☆(うどんなら1個チョイ)

因みにどれぐらいの光沢が出るかと申しますと・・・
140519_101735.jpg
↑これ、色見本を作っていますが、素人のワタシが塗っても手が写るくらいになりました(^^)v

さぁ、こんな便利なスプレー塗料!いかがですか!!
UDトラックス車向けのジャンピングホワイトW32は他では売ってませんよ~☆(2014年5月1日現在)
気になる方は萩原商会までお問合せ下さい☆(色見本送ります^^)v
https://www.hagihara-shokai.co.jp/



スポンサーサイト

同業者様のイベントにお邪魔しました☆

  1. 2014/05/19(月) 08:56:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
どこにでも首を突っ込む野次馬男、フロント男でございますm(_ _)m

今回は愛知県西尾市で開催されました三河機工様のイベントへ行って参りました。←呼ばれもしないのに行くヤツ

三河機工様のイベントは弊社のイベントと異なり一般様も多数ご来場されるイベントであり、通常の建機フェアとは雰囲気や販売商品が大きく異なるので非常に勉強になるのです(^^)
って、ホントは建機のミニチュアを買いに行ったと言う説が・・・

140518_102126.jpg
JAのライスセンターを借り切って行うと言う壮大なるイベントでして、販売品も建機はもちろん農機や園芸用品など多種多様☆
また今回驚かされたのは野菜直売はもちろんドラゴンズ関連グッズのテナントやソフトバンク、献血と業種の垣根を大きく超えてのイベント会場となっており新鮮さで溢れておりました。
(ウチもマネしたいなぁ・・・)
140518_095354.jpg
↑昔は私も頻繁に献血を行っていました・・・(現在は高血圧症治療中でNG)

140518_102054.jpg
↑地元愛知が誇る球団「中日ドラゴンズ」のオフィシャルショップ?かなりの品揃えでファンにはたまらないコーナーです☆
(私は野球オンチなのでよく分かってない・・・^^;)

140518_095419.jpg
↑クボタさんは建機はもちろん農用建機も充実しているそうで☆

今回も無事に建機ミニチュア(住友SH200、他)を安価で購入でき、他にも細かなものを少々買わせて頂きました☆
(画像撮影わすれ)

地元の産業祭り的なノリでいつも楽しませて頂いている三河機工様の「見に来てくだ祭」、弊社でフェアを行う時には同じく楽しめるイベントを目指しますのでご期待下さい!!(今年はたぶん未開催ですが^^:)

株式会社萩原商会
https://www.hagihara-shokai.co.jp/

補修用スプレー缶の威力

  1. 2014/05/14(水) 17:09:33|
  2. サービス関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何でもやりたがりのフロント男でございますm(_ _)m
今回、新たに店頭販売を開始する「スプレー塗料」のレポートをします☆
テーマは「素人がどこまで出来るか」・・・いや、「1缶でどこまで塗れるか」を検証したいと思います☆

レンタカー、特にダンプは使用環境が苛酷なので傷が付きやすいモノでして、その度にお客様へ請求し続けるってのはそりゃぁ心が痛むもので、どうにか作業を簡素化してお客様の負担を少なくする方法は無いか考えていたところ・・・
塗装の前準備と片付けに時間が掛かってしまう事が判明し、もしその準備が簡略化できれば作業工賃が安く抑えれる・・・
って事で様々なメーカーのスプレー缶を取り寄せて試してみたところK社のスプレー缶が圧力・乾燥の速さ・照りの良さ共に良い事が判明しました☆
140514_160038.jpg
さて、早速検体が入ってきたのでトライしてみましょうか☆
車両はいすゞフォワード、車体色はアークホワイトで損傷箇所はバンパーと左フェンダー。
140514_160051.jpg
140514_160102.jpg
これはやり応えがありますね~~♪♪
先ずは手早くスプレーでシュ~~~~・・・・
140514_160405.jpg
やっちまった・・・・・
重要な箇所は必ずマスキング(カバー)して塗料が付着しないようにしておきましょう(^^;)
140514_160601.jpg
古新聞紙でカバーするだけでOK☆
140514_160643.jpg
作業開始から4分でバンパーの傷は無くなりました(^^)v

続いてはフェンダーにチャレンジ!!
140514_160749.jpg
先程と同じように古新聞でカバーをして・・・
スプレーでシュッ・・・・
140514_160840.jpg
はい、悪い例です(実力不足とも言う)
傷に向けて小さく噴射をしたのでペイントが垂れるやらマダラ模様みたいになってしまうやら・・・
たとえ小さな傷でも広範囲に塗るというのが鉄則ですね(^^;)
140514_161019.jpg
フェンダーの膨らみに沿って大きく塗ったので違和感無く仕上がりました☆
ステップが白くなったのはご愛嬌ってことで(^^;)
所要時間は12分で完了しました!!

さて、まだペイントがシッカリと残っているので以前から気になっていたパテ割れダンプ君をゴマカシペイントしておこうかと・・
140514_162159.jpg
140514_162215.jpg
誰が直したんだよぉ(-A-;)
割れたパテの下の車体が錆びてしまいサビ汁がぁぁぁぁぁ(T_T)
本来ならばパテをそぎ落として再度板金するべきですが、残念ながらワタシにゃ時間も腕も無いので今回は塗装だけで・・・
140514_163915.jpg
ガムテープと古新聞でカバーしての塗装中。
やっぱ照りがイィねぇ☆
140514_163929.jpg
カスカスしていたヤレた塗装はシッカリと復活し、傷も多少は目立たなくなりました☆
140514_164308.jpg
多少はヒビが目立ちますが、何とかそれなりの姿になりました(^^;)

所要時間はマスキング(カバー)を含めて20分ほど。(乾燥し終わる時間も含む)
御社・貴殿のお車も傷が悪化する前にタッチアップスプレーしてみてはいかがでしょう(^^)b
素人のワタシでもここまで綺麗に仕上がりましたよ~☆

【使用部材:2台分】
古新聞(朝刊)1日分
ガムテープ少々
スプレー缶1缶

【所要時間:2台分】
38分(失敗の修正時間含む)

尚、萩原商会では近日中に同型のスプレー缶を販売開始予定です☆
興味ある方は是非ともご利用下さい(^^)v
(もちろんお問合せだけでもOKですよ~)

【取扱予定カラー】
いすゞ自動車:アークホワイト(いすゞホワイト)
いすゞ自動車:マリンブルー(いすゞブルー)
UDトラックス:ジャンピングホワイト(W32)
日立建機:タキシーエロー

株式会社萩原商会
https://www.hagihara-shokai.co.jp/









後部大型反射板を移設してみました☆

  1. 2014/04/28(月) 16:49:40|
  2. サービス関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
後部大型反射板とは、車輛総重量(車体重量+最大積載量+定員重量)が7tを超える貨物車に義務付けられている保安用品でありまして、ダンプカーにとっては一番壊れやすい部品の一つとなっております。
と言うのも、後部大型反射板は車輛後部のバンパーに装着されておりまして、ダンプアップした際に落下する土砂やガラ等がバンパーにバシバシ当たるために直ぐに傷ついて反射能力が低下してしまいます。

何故にバンパーに装着されているのか・・・・

そもそも当たり前のようにバンパーに装着されている後部大型反射板ですが、法律の上ではバンパーに装着していなければならないと言う基準は存在しません。
「保安基準に適合した物で、地面よりも反射板の上面が1500mm以下(どうしても無理!って場合は2100mm以下)であり、車輛後端から奥に400mm以内であればOK」

つまりバンパーに装着する必要は無いのです☆
そもそもトラックはメーカー工場と荷台を作成する工場と異なっているため、メーカー工場から架装メーカーの間はシャーシ状態(魚の骨みたいな姿ね)での回送となるわけですが、その際には荷台が無いので装着されたバンパーに後部大型反射板が取り付けられているようです。
シャーシ
↑これがいわゆる「魚の骨」状態です(バンパーと後部大型反射板は未装着です)

さて、他のトラックはどうかと街を眺めてみると・・・・
いわゆる「バン型」と呼ばれる荷台が箱になったトラックは後部扉に装着されている物があり、色々調べてみたところ「基準が満たされていれば後部ドアでもOK」という事なので~~~
140424_100128.jpg
↑この状態を~~~~

140428_154449.jpg
↑こんな感じにしちゃいました☆

140428_154517.jpg
↑もちろん扉を開けたままの走行は後部大型反射板の効果がありませんので自家製注意書きを追加しました☆
何と日本語のほかに英語・ポルトガル語・中国語4ヶ国語で表記(^^)v
綴りが違っていたら暖かい目で笑ってやって下さい(;>д<)

これで無駄な修理代で悩む事も無くなると思います(^^)v

なくなるといいなぁ・・・

陽射し対策はいかがですか?

  1. 2014/04/15(火) 10:43:03|
  2. サービス関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
DIYチャレンジャーのフロント男でございますm(_ _)m

さて、気候も暖かくなりつつある昨今を皆様は如何お過ごしでしょうか☆
暖かくなってきたので着衣も薄くなってきていよいよ日焼けが気になる時期になってきましたね~(^^;)
って、これは建設機械や車輛も同じですね☆←流れに無理があるのは気にせずに・・・

さて、弊社のレンタカーも何台かはお肌の具合が芳しくなく、日焼けや皮(塗膜)のめくれが気になるようになりまして・・・
140410_065556.jpg
画像では分かりにくいのですが青いボディは日焼けして水色になってしまっております・・・

なので~~~
DIYしちゃいます☆

取り出したるはラッカースプレーとガムテープと古新聞♪
先ずは塗装したくない場所をパック(マスキング)して~~
140410_080815.jpg
既に向かって左の一部は塗装開始しちゃいましたが、この画像ならどれだけ色あせてるかわかりますよね(^^;)

マスキングに40分、塗装そのものに30分掛かりましたが140410_110013.jpg
140410_110036.jpg
1時間ちょっとでピカピカツヤツヤのお肌に生まれ変わりました☆
フロント男は塗装の実績や経験などほとんど無い素人ですが、それでも一応はここまで出来るスプレー缶は偉い!!
スプレー缶によって塗りやすいもの、ノリが良い物など様々ありますが「塗りやすく艶が良くノリが良い」スプレー缶を本社の販売ゾーンにもご準備して、また塗装のコツを解説したサンプルを御準備しました☆
ご興味ある方は是非とも一度御覧下さい☆(広告万歳!←え)


https://www.hagihara-shokai.co.jp/

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。