FC2ブログ

萩原商会のイロイロ情報局

建機レンタル&販売会社がお届けする有意義・無意義な情報アラカルトです


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後部大型反射板を移設してみました☆

  1. 2014/04/28(月) 16:49:40|
  2. サービス関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
後部大型反射板とは、車輛総重量(車体重量+最大積載量+定員重量)が7tを超える貨物車に義務付けられている保安用品でありまして、ダンプカーにとっては一番壊れやすい部品の一つとなっております。
と言うのも、後部大型反射板は車輛後部のバンパーに装着されておりまして、ダンプアップした際に落下する土砂やガラ等がバンパーにバシバシ当たるために直ぐに傷ついて反射能力が低下してしまいます。

何故にバンパーに装着されているのか・・・・

そもそも当たり前のようにバンパーに装着されている後部大型反射板ですが、法律の上ではバンパーに装着していなければならないと言う基準は存在しません。
「保安基準に適合した物で、地面よりも反射板の上面が1500mm以下(どうしても無理!って場合は2100mm以下)であり、車輛後端から奥に400mm以内であればOK」

つまりバンパーに装着する必要は無いのです☆
そもそもトラックはメーカー工場と荷台を作成する工場と異なっているため、メーカー工場から架装メーカーの間はシャーシ状態(魚の骨みたいな姿ね)での回送となるわけですが、その際には荷台が無いので装着されたバンパーに後部大型反射板が取り付けられているようです。
シャーシ
↑これがいわゆる「魚の骨」状態です(バンパーと後部大型反射板は未装着です)

さて、他のトラックはどうかと街を眺めてみると・・・・
いわゆる「バン型」と呼ばれる荷台が箱になったトラックは後部扉に装着されている物があり、色々調べてみたところ「基準が満たされていれば後部ドアでもOK」という事なので~~~
140424_100128.jpg
↑この状態を~~~~

140428_154449.jpg
↑こんな感じにしちゃいました☆

140428_154517.jpg
↑もちろん扉を開けたままの走行は後部大型反射板の効果がありませんので自家製注意書きを追加しました☆
何と日本語のほかに英語・ポルトガル語・中国語4ヶ国語で表記(^^)v
綴りが違っていたら暖かい目で笑ってやって下さい(;>д<)

これで無駄な修理代で悩む事も無くなると思います(^^)v

なくなるといいなぁ・・・
スポンサーサイト

陽射し対策はいかがですか?

  1. 2014/04/15(火) 10:43:03|
  2. サービス関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
DIYチャレンジャーのフロント男でございますm(_ _)m

さて、気候も暖かくなりつつある昨今を皆様は如何お過ごしでしょうか☆
暖かくなってきたので着衣も薄くなってきていよいよ日焼けが気になる時期になってきましたね~(^^;)
って、これは建設機械や車輛も同じですね☆←流れに無理があるのは気にせずに・・・

さて、弊社のレンタカーも何台かはお肌の具合が芳しくなく、日焼けや皮(塗膜)のめくれが気になるようになりまして・・・
140410_065556.jpg
画像では分かりにくいのですが青いボディは日焼けして水色になってしまっております・・・

なので~~~
DIYしちゃいます☆

取り出したるはラッカースプレーとガムテープと古新聞♪
先ずは塗装したくない場所をパック(マスキング)して~~
140410_080815.jpg
既に向かって左の一部は塗装開始しちゃいましたが、この画像ならどれだけ色あせてるかわかりますよね(^^;)

マスキングに40分、塗装そのものに30分掛かりましたが140410_110013.jpg
140410_110036.jpg
1時間ちょっとでピカピカツヤツヤのお肌に生まれ変わりました☆
フロント男は塗装の実績や経験などほとんど無い素人ですが、それでも一応はここまで出来るスプレー缶は偉い!!
スプレー缶によって塗りやすいもの、ノリが良い物など様々ありますが「塗りやすく艶が良くノリが良い」スプレー缶を本社の販売ゾーンにもご準備して、また塗装のコツを解説したサンプルを御準備しました☆
ご興味ある方は是非とも一度御覧下さい☆(広告万歳!←え)


https://www.hagihara-shokai.co.jp/

大変ご無沙汰を致しておりましたm(_ _)m

  1. 2014/04/04(金) 16:22:04|
  2. 商品・製品について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
消費税の増税による税金負担増しと仕入れ価格の上昇を何とか打破したいと日々精進しておりますが・・・・
なかなか難しいですよねぇ(--;)
という訳で、萩原商会本社フロントでの販売部品は「価格据え置き」という結論で今後も突っ走りたいと思います(^^)v
いや、新製品で商品がリニューアルしてしまった物は別ですが(^^;)

さて、今までずっと音沙汰も無く何をしていたのかと言いますと・・・・
商品棚のリニューアルを行っていました☆
(ホントはそれだけじゃないのですが・・・)

ほーす
人気の散水ホースやノズル関連のサンプルを並べてみました☆
各商品ともにそれぞれの使い勝手の良さや特徴があるので一度御覧いただければと思いまして作ってみました♪

せーばーそー
レシプロソー・セーバーソー用のブレードも従来のDeWALT製に加えてマキタ製、ハウスBM製も並べました☆
用途に応じてお気に入りの品をお選び下さい(^^)v

たな
定番の商品から新商品まで価格据え置き(税別)で頑張ります☆

ぼるとたな
バケットやアタッチメントを留める為のボルトナットセットも各メーカーに合わせて御準備しました☆
焼き入れボルトなので耐久性やスパナでのえぐれ問題にメッチャ強くて好評を頂いてます☆
今回は分かりやすいようにチョッとだけ頑張ってレイアウトしてみました♪♪

部品・用品のヴィレッジヴァンガードを目指しますので是非是非お越し頂きまして御覧下さい☆

(かなり小規模ですが・・・・)

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。