FC2ブログ

萩原商会のイロイロ情報局

建機レンタル&販売会社がお届けする有意義・無意義な情報アラカルトです


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコな小割圧砕機ガイヤーって何ぞや??

  1. 2012/12/18(火) 16:11:09|
  2. 商品・製品について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ガイヤーって言う建設機械アタッチメントがこの世には存在します。
しかも「ガイヤーの夜明け」とか「トヨタガイア」という名称が誕生する遥か前に命名されてます☆


だから何だって言われると困るのですが(-_-;)

さて、今回はそんなガイヤーについてお話しちゃいたいと思います(^^)b

街の様々な構造物には沢山のコンクリートが使われていますね。
そのコンクリートが不要になったとき、再生して資源化しなければならないのですが、いかんせん塊のままじゃ再生出来ないし、運搬も大変だし、しかも内部には沢山の鉄筋が含まれているので細かく砕いてやらなきゃならないのです。

普通は大きな重機にそれなりに立派な油圧で動く機械を取り付けますが、非常に高価であり経年劣化での故障も心配・・・
そんな思いに立ち上がった男たちが居た・・・プロジェクトエーーーックス←古い?

機械のバケットシリンダ(重機の先端を動かす油圧で動くシリンダーという筒状の物)の力を利用し、ガジガジとコンクリートを噛み砕いてゆく。
イメージは簡単ではあるが、素材や角度という大きな壁が男たちの前に立ちはだかった・・・プロジェクトエーー・・・もういいか(^^;)

本体となるボディと歯の部分に異なる素材を使い、様々なシーンで試験を行い、ようやく誕生した機械式小割機「ガイヤー」
ちなみにどこがエコなのかと申しますと~~♪

壊れないんです!!

シンプルな構造なので壊れる場所というのが無いんですよね(^^)v

いや、もちろん形あるものですから壊そうと思えば壊れますが(><;)
どんな機械であれ物であれ使っていれば磨り減るのは当たり前ってもんでぇ(何故か江戸っ子?)ガイヤーという機械は磨耗箇所の再生でまた復活する事が出来るのです☆
ガイヤー修復記録1
これ、ホントは修復前を掲載したかったけど、気付くのが遅れてしまい先端部分の土台はすでに新しい物になってます←大掛かりな油圧機械よりも修理しやすいのです
ガイヤー修復記録3
職人さんが心血と気合を注ぎ込んで・・・
ガイヤー修復記録4
コンクリートを砕くための刃を作ります☆
ギザギザにしているのは、イタリア人職人だからって訳ではなく、この方がコンクリートに食い込むから「わざと」ツルツルにはしていないのです(^^)
ガイヤー修復記録5
刃の交換は間もなくして終わるけど、折角なので「重傷を負ったガイヤー君」を紹介しましょう。

ガイヤー修復記録5
このガイヤー君はボディのど真ん中で折れてしまったのですが、補強と溶接により不死鳥の如く蘇りました☆
そう、
ガイヤーは

直るんです☆

さてさて、どこまでの耐久性があるのかと申しますと・・・・

当社ではオジイチャン的存在となった「ガイアー翁・GA-2号機」が存在します。
平成8年に産声を上げ、皆様と汗を流し今日に至るご老体ですが「まだまだ若いモンには負けん!!」と新たな敵(コンクリート塊)を待っています(そろそろ入れ歯を作り直さなきゃイカンなぁ)
ガイヤー修復記録6

ガイアーをもっと知りたい方は「萩原商会」のホームページを見てね♪
http://www.hagihara-shokai.co.jp/
スポンサーサイト
<<やってきました大掃除シーズン(^^;) | BLOG TOP | 過去記事ですが(^^:)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。